猫はえらい!

猫の賢さは知っているつもりです。イヌ派ネコ派という分け方があるならば、僕の場合はいまのところ、しっかりネコ派。まあ現在、我が家には猫しかいないということでもあるんですけど・・・。

猫好きの猫の話題はとどまるところを知らない。
お互いに、携帯の待ちうけに登録をしているから、それを見せ合いながら、時には猫族全体の高い評価につながり、話がすすめばそれぞれの猫自慢に入る。熱中すると、時として不穏な空気になる場合もある。

まあ、イヌ派でも同じような状況にもなるんですけど、今回はやっぱりネコ派一般の方々が喜びそうな話題。

前回、若者だけが聞ける周波数の話をしたり人間の可聴域の話をしましたが、人が20から2万HZに対して猫はなんと10万HZまで聞き取ることができるんだって!!

ねずみの鳴き声が2万から9万HZ位らしい・・つまり人間がねずみの鳴き声をチュウチュウなんて表現するけれど、それはほんの一部ってことね。本当の鳴き声を猫族は知ってるっていうわけだ!!

人間には想像できない高周波!!

そんなところまで聴いていて情報を集める猫さまは偉い!!
偉いって言うのは、ちょっと表現方法が違うかもしれないけど・・・それだけ情報が集まると、気苦労も多かろうなあ・・・・・。

分析もしてるんだよな。
僕の足音もしっかり記憶しているようで、相当遠くを歩いてる帰宅途中でも、もう玄関まで駆けつけチンマリすわっているという行為もきっとその可聴域の広さによるものだろうなあ。

可聴域の話を知るまでは、それが「愛の行為」と思い、涙がでるほどに嬉しかった。
ちょっと訂正しなきゃいけないけど・・・ま、愛も高周波ということで、まいいか。

で、本日の歌は「黒猫のタンゴ」
我が家のネコは白黒の乳牛色ですけど。

黒猫のタンゴ





| 日記

若者にしか聞こえない音

若いうこと者にしか聞こえない周波数というのがあるらしい。
つまり大人がだんだん聞き取りにくくなる周波数というものが存在すると。
新聞でも報道されていたけど、その周波数をつかった音を流して、夜中に公園にたむろする若者たちを排除しようとする試みが足立区あたりで行われているらしい。

使われるのは、英国製の「モスキートMK4」という高周波音発生装置だそうだ。5月中旬から来年3月までの予定で「区立北鹿浜公園」(面積約2ヘクタール)内の広場に1台、試験設置し、深夜〜明け方まで作動させる予定。モスキート音とはなにか?音楽を仕事にしている以上無関心ではありえまい。

普通人間の可聴域は20ヘルツから2万ヘルツ。
けれど加齢現象で1万7千ヘルツ以上は聞こえにくい周波数になるらしい
。ところが若者たちはこの辺りの周波数がよく聞こえる。そこでそのあたりの周波数でノイズ音を流せば、若者たちが不愉快になってその場には近寄らないとなるというわけだ。

まあ、足立区では破壊行為をする若者たちによって、年間300万ほどの被害がでていたそうだから、防御策としてこの奇策、新作戦をつかったというわけだ。

もともとはイギリス発祥。

でも、いたちごっこはまた新たな展開を呼ぶ。携帯の着信音にその周波数を使うことで、学校での携帯持込禁止をすり抜けようとする若者像。
なるほどねえ・・・。

| 日記

にんじんジュースダイエットっていけるかも

にんじんジュースダイエットってダイエット願望の若い方に、最近かなり話題になってるらしい。

僕はあまりダイエットに挑戦をすることはないけれど、なんとなく、にんじんジュースダイエットという言葉にひかれて調べてみました。


作り方はこんな感じいたって簡単。

朝人参400gと林檎1個をジューサーにかけてのむ。

そのあと一日の食事を以下のようにすると良いらしいです
朝は「人参ジュース」、昼は「そば」、夜は「好きな食事」というのが基本のようです。なんだか一般的なダイエットとちょっと逆みたいに感じませんか・・・、夜は好きな食事をとって、結局は寝てしまうのに。
これで太らないのかな。
それに朝昼はちょっとこれじゃあ・・・って思いませんか。

論理的なこんなことらしいです。

空腹は、人間の免疫力を上げるといいます。からだは前日の夕食から当日の昼食まで断食していることになります。その間、消化器系の内臓は排泄に専念することとなり、排泄力が高まるのです。その結果、からだのなかにたまっていた老廃物や毒素が抜けやすくなり、基礎代謝が上がります。こうして体重が落ちていくとのこと。

つまりひとつには朝昼「食べ過ぎないようにね」ってことなのかなあ。


それとにんじんは身体を温めるからいいらしい。
にんじんジュースも当然身体を温める。
身体を温めると代謝があがる。それでもって上記のように食べ過ぎてないから、体重が落ちるんだって。

ちょっと朝「にんじんジュース」、昼「おそば」となるとおなかがすくような気もするけど、空腹感を味わうことも大切って書いてありました。
まあ・・・いわれてみれば結構理にかなっているのかもなあ。


まあ僕の場合はアルコールダイエット・・飲んだ翌日は必ず体重が減ってる・・・・身体に悪いよなあ・・・・。

で、本日の歌は
一本でもにんじん

ちょっと・・苦し紛れかなあ・・・・・





| 日記

ロハスって

LOHAS(ロハス、ローハス)とはLifestyles Of Health And Sustainability (健康と持続可能性の(若しくはこれを重視する)ライフスタイル)の略。健康や環境問題に関心の高い人々のライフスタイルを営利活動に結びつけるために生み出されたビジネス用語 (wikipedia)だそうです。
なんでロハスに興味をもったかといいますと、私の居住地区に今から7,8年前に新しいインテリア専門店ができました。
その名前がロハス。

ロハス!ロハス?なんだろってずっと思っていました。
先日、センスの良い仕事をしている照明家の女性が来て、しばらくしゃべったあと駅まで送ってゆくときに驚愕したのです
「なんでここにロハスなんていう名前のついた店があるわけ?」
彼女、相当わが町をみくびってるみたい。

で、一応彼女の口から、ロハスの概要を聴いたわけです。
オーガニック野菜なんかを食している彼女には、とっても日常的な感覚なんだろなあ。

通りから見える限り、なかなか洒落たお店です。
無添加の素材をつかってのインテリア・・・?もうひとつイメージわかないんですけど・・・まあゆったりとしたスローライフ志向にピッタリの仕様になるんだろうなあ。

スローライフとリッチライフを組み合わせてスローリッチなんていうフレーズもネット上でお目にかかりますので、ちょっと興味のあるイメージです。ロハス・・・気になる。


せめて気分だけでもロハスに・・・。

こんな感じに僕は思えるんだけどなあ。

ウエス モンゴメリーのギターソロ

PR 風水ブログ
PR さらば青春の日々
PR 声を変えれば人生が変わる

PR 社会を音楽化する研究会

| 日記

筋トレならダンベルで

筋トレに精を出していた頃がありますよ。筋トレならダンベルがよかろうと思って、ちょっと重めのダンベルを手に入れて朝晩筋トレに励んでいました。柔道に精を出していた頃です。
何なんだろうなあ、滅茶苦茶に力をいれていた。

まあ、怪我男と呼ばれるくらいに、怪我が多くて、根本的に筋肉増強が必須と考えていたわけです。

ひざに水はたまるし、腕は逆向きに曲がってしまうし、腰のあたりの蝶骨(腸骨?)は欠けてしまうし、柔道をやって良いことはあんまりなかったようにも思います。
けれど、なんだか物の怪によりつかれたように明けても暮れても柔道一直線。柔道に比べれば女の子とつきあうなんて全くつまらない事だと思っていた時期がある。

でもってダンベルで筋トレ、筋トレの毎日。
まあ、青春ってそんなもんかもしれない。
それだけ筋トレに打ち込んだおかげかもしれないけど、とりあえずはメタボ体系とは無縁。まあ、それはそれでもいいか。

でもって、本日は「柔」なんか聴いてみたくなった。
最近「演歌療法」なんていう健康法もはやってきたから、これにちなんで。

美空ひばり 柔
さらば青春の日々

PR さらば青春の日々
PR 声を変えれば人生が変わる

PR 社会を音楽化する研究会


| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。